5月のイベント参加

5月6日 第2回黒姫高原一箱古本市(古本&ワークショップ)

5月16・17日 須坂アートパーク森の中のクラフトフェア(ワークショップ)

 

5月もギリギリに事後報告ですみません!

来月はびんずる市に参加予定です。

活版のはなし01 「凸凹?」

namecard

活版はじめました、と言いながら活版についてほとんど触れてない(汗)。こりゃイカンなぁというわけで少しはそれらしいことを書いてみようと思います。

活版印刷といってすぐにピンとくる方は多くはないですが、中にはご存知で興味を持っていただくことがあります。で、これは嬉しい!と名刺をお渡しすると「あれ?」という反応が返ってくることがよくあります。

「凸凹してないですね。この名刺は活版印刷じゃないんですか?」

いえいえ活版印刷です。和文は活字、欧文は樹脂版を用いて手動の活版印刷機で印刷しております。

活版といえば凹凸(または掠れ)があるものと最近は思われていますが、元々はごく普通の印刷物に使われていたごく一般的な印刷方法なので、普通な印刷も当然のことながらできるのです。

はじめは思いのほか「活版じゃない?」という反応をいただくので戸惑ったりもしたのですが、最近はそこをきっかけに「実はですね…」と活版の話をするのも楽しみのひとつになっています(笑)。

 

notebook ノート03

a6noto01

■A6サイズ 無地ノート

手製本(くるみ糸綴じ製本)

表 紙:和紙  見返し:OKカイゼル  本 体:アラベール

ノート0102の色違い同タイプです。柄物は製本時に縦横がズレないかとヒヤヒヤするとわかっているのについ手にとってしまいます。だって素敵柄なんだもの。和紙の手触りもまたいいのです。

notebook ノート01

a6noto08

a6noto04

■A6サイズ 無地ノート

手製本(くるみ糸綴じ製本)

表 紙:和紙  見返し:OKカイゼル  本 体:アラベール

榛原さんの和紙を使用。くるみの際破れないよう補強の裏打ちを背部分にしたのですが、和紙は強度があるのでなくても大丈夫だったかもしれません。

 

 

びんずる市

5月10日(土) 善光寺で開催される びんずる市 に参加します。

以前にも2回ほど参加させていただきましたが、

百々活版名義で参加するのは今回が初めてになります。

活版で印刷したポストカード、手製本のノートなどを持参します。

簡単な製本のワークショップも行う予定です。

 

百々活版

 

百々活版

はじめましてこんにちは。百々(どど)活版です。

活版印刷始めました。

まだまだ技術も道具も未熟ですが、今ではあまり見られなくなった活版の技術に触れることができたこのご縁を大事に続けていけたらと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。